『大陸通行超特急』‥スタイリッシュとは言えない邦題の意識。

『大陸横断超特急』‥雑誌作品はその大陸横断地下鉄(超特急は些か言いづらいですが‥)を天王山としたサスペンス・お笑いだ。
地下鉄が有力天王山となる作は西洋では普通となっていますが、日本ではさほど造られていません。
さすが日本のように領地が細長い島国では、のほほんと地下鉄で観光をする‥という意識が希薄なんでしょうね。
遺失からシカゴまでを結ぶシルバー・ストリーク号内で発生した人殺し事件‥。
そしてそれを誘因としたイラスト模倣に関する陰謀に、ジーン・ワイルダー扮始めるビジネスマンが向かうという、典型的な巻き込まれサスペンスですが、主人公が主人公だけにエスプリの要素をとことんまぶしたライトな出来ばえの作でした。マイナチュレの凄い効果